tennowarabeのブログ

世の中には変人と言われる開発者が埋もれているはず、その様な人を発掘して企業と連携させる役わりをにないたい話

チャレンジャーの生き様、迷い道・獣道へのチャレンジャー、調査⑥-1

迷い道・獣道へのチャレンジャー、



⑪-94


調査⑥-1



少なくとも、事業、遊び、エベントにしても、最初は、企画。計画が有り、その次に


1、現状調査、


2、過去の状態の調査


3、ライバル等の動向調査が基本です。



それは、足元がわからずに、どのように企画。計画するのか?


少なくとも、それが原点です。


あなたは、何かを起業すると発想した時に、何から始めますか?


勿論、何かを起業するには、その原点が有るはずです。


それは、好きだから、得意だから、これからお市場だからなど要因は、さまざまでしょう。



でも、その発想の原点はそれでもよいのですがいざ、具体化する際には、



資金、設備投資、人材など、しかも、どこで、だれと、一人でなど様々な要因があります。


それらをここに調査して、初めてこの企画・計画は、実行に移せるのか?


この判断が間違っていると、それは、スアt-ト時点からの別方向への舵とりであり、


目的のとこに到達するわけがないですよね。


その意味でも、調査は、やはり、時間とお金は、書ける必要があります。


この調査で、ほぼ、事業の6割以上は、将来展望が読めるのです。


しかし、現実には、ココを無視して本業に直接スタートする起業家もいますが、これは無謀です。


なぜ、調査を無視するかは、時間とお金が斯る割に、成果にすぐに見えないのが最大の課題です。


しかし、現実の事業と進捗と調査を対比すれば、その動向、方向性の成否が読めるはずです。


すると、その段階で事業の方向性の修正が可能なのです。


終盤まで進んでから、いや方向が違うなどは、大きな損失になるのです。


しかも、起業時の損失は、体力的に答える損失です。


初期に、しっかり調査して、物事を始めれば、そのような痛い目に合わずに対処できるのです。


あなたは?