tennowarabeのブログ

世の中には変人と言われる開発者が埋もれているはず、その様な人を発掘して企業と連携させる役わりをにないたい話

エッセイ ドンキーマカセ  

人生一度はフラをしよう~もっと気楽な人生を~
人生一度はフラをしよう~もっと気楽な人生を~
ギャラクシーブックス
2018-01-15
ふまじめな脳―人生を気楽に生きるヒント (PHPビジネスライブラリー)
ふまじめな脳―人生を気楽に生きるヒント (PHPビジネスライブラリー)
PHP研究所
何も困らないお気楽人生: あなたも一歩上行くご縁、人脈ができる具体的な方法
何も困らないお気楽人生: あなたも一歩上行くご縁、人脈ができる具体的な方法
2017-03-16
Kindle本


エッセイ ドンキーマカセ  



[自信が持てない人]に欠けた視点、



◎このタイトルを東洋経済で見た時に、それは、多くに人が、日々、悩んでいるのではと思いました。



あなたは?



私は、現役時代は、まさに自信に関して、ほとんど考えたこともなく、



ただ進むだけの活気ある勤務でした。




それは、やれべき仕事と、今後の仕事、それに企業での目標も定まっており、



迷いなどあり得ず、しかも課題を直接解決するすべもあり、楽しく行動するだけの日々でした。



これは、ルンルン気分の連続です。



しかも、なにか急に問題が起きても、全く臆せず、それに対処するすべ力も持ち合わせていたのです。



それは、資料であり、人脈であり、関係者との連携でした。



<span style="font-size:150%;line-height:150%;">◎ところが、この記事では<strong>、「本当に自信」とは、[明るさや]、[ゆとり]を伴っているモノだと断言しています。</span>



</strong>これは、まさに私の現役時代の日々を現した言葉でした。



勿論、私は、そのような発想もなく、いわゆる、バリバリ仕事を思いのまま、自らのやり方で推進していたのです。



其れで、企業の目的にマッチし、かつ納期・経費なども厳守することができたのです。



それに、優秀な部下もおり、一寸指示するだけでその裾野を広げた事例を提示されるなど余禄もありました。。



◎これは、非常にありがたいが、反面、恐ろしい部下です。



また、この記事では、このような[明るく、余裕のある]状態は、突き詰めれば[地力だと]



そして、だれもが自信を持つための努力の方向性として、[明るい自分]、[余裕のある自分]に向かって努力することだといえるのです。



◎また、最近の私は、現役を退く、自ら事務所を経営していると、以前のような[バリバリ]がなく自信ももないが、不安がることも少なくなた気がします。



それは、ある種の[あきらめ]だとこの著者は言っています。



自分はこうあれべきだとのこだわりのを捨て、頑張って何とかなることとと、がんばって何ともならないこと、を区別していくこと。



自分にできることと、出来ないことn整理がつくにしたがって、以前に比べて自己嫌悪に陥ったり、自信を失って落ち込む、という



ことが少なくなったと言い切っています。



◎自信が持てない人に共通するのは、



①キラキラした自分や



②成功している自分、



への期待と、そうなることができない現実とのギャップだと。



そして、自信のない人は、いつも、そのスパイラルんおなかで苦しんでいる、そこから抜け第一歩は、




[適度なあきらめ]を身に着けることだと言いきっています。



すると、気楽に実績を積み重ね、自分への自信を高めていくと道が開けるのだと。



あなたは、いかがですか?