tennowarabeのブログ

世の中には変人と言われる開発者が埋もれているはず、その様な人を発掘して企業と連携させる役わりをにないたい話

エッセイ、ドンキーマカセ、マスコミン情報の真実は?

#2 汚れた金でも、金は金だろ…
#2 汚れた金でも、金は金だろ…
2015-02-27
TV Series Episode Video on Demand
第肆話 「将の花嫁」
第肆話 「将の花嫁」
TV Series Episode Video on Demand


エッセイ



ドンキーマカセ、



マスコミ等の報道と記事は真実ですか?



かたより過ぎていませんか?



<span style="font-size:150%;line-height:150%;"></span>




例えば、新聞記事は、TVは?雑誌は?




まさに、情報が錯綜しているのだが、著者により真逆の見解を述べており、どれが真実ですかと?




しかも、TVや新聞は、スパンサーに気兼ねする。




あたり前ですが。



記事の選択も独断と偏見の塊です。



 ならば、国民は、どれを信ずればいいのですか?



特に、真逆の見解や、本来なら国民に知らせるべき内容なのに、ノータッチです。





 さらに、歴史をさかのぼる記事などでは、どちらが正しいのか?



間違いなのか?



判断ができないケースが多すぎる。



海外の記事は、特に選別が厳しいようです。




 TV等もマスコミもスポンサーの意向があり、それを無視しての表現には、踏み込めないのが現状でしょう。



その意味では、海外の記事などでスポンサーに関わるような記事は敢えて、取り扱わず、別の記事で埋めるのです。



それは、情報提供者の自由で水死、選択権の範囲化も?



出も知りたいような内容でも、スパンサー、政府等に良くない記事は、差し控える傾向が有るのです。



国民は、知る権利があるとか、



報道に自由都下で、大騒ぎしますが、国民に直結する様なNEWでもカットするケースが多そうです。



 それが、NHKでもあり得るのだそうです。



其れなら、だれが真実を教えてくれるのですか?



歴史回顧録でも出た時に、昔の現実を知るのですか?



 情報の選択眼は?



益々求められる海外情報との整合性かもね?



あなたは?